アプリやシステムのUI設計とディレクション|NANAKAZOKU

みえないものをみるちから。
可視化するとプロジェクトは加速する。

早いタイミングでプロトタイプを作成して共有することは関係者にとって有益です。
要素確認だけでなく、画面導線や機能面などの使い心地も体験できます。
また、制作陣に共有することで工数管理の精度を高めます。

サービス

制作事例

契約に関して

開発ログ